介護福祉士に求められる仕事

介護福祉士(ケアワーカー)にはどのような仕事があるか分かる人はいますでしょうか。

これを知らない人のために説明しますと、「介護福祉士」というのは国が決めている資格のことであり、日常生活を送ることが難しい高齢者や障害を持っている人の手助けをする仕事をする人を指します。

この資格を持っている人は介護をする必要とする人のトイレや入浴、食事などを主に担当する事になりますが、時には話し相手になったり要介護者がいる家族に正しい介護の方法を伝える役割も持ちます。しかし、この介護福祉士がやってはいけないことは医師や看護師のように医療行為を行うことです。

それは主に生活を支える事が目的なので、例え病院で働いていた経験があるとしてもそれらの行為を行うことが不可能です。

働く主な場所はどこになるのかといいますと、介護サービスを行っている老人ホームや病院、障害を持っている人が住んでいる寮などになります。また、要介護者が住んでいる家に出向いて作業などを行うこともありますが、介護福祉士の取得には様々な条件があり、国が定めた教育機関で介護などの知識を身につけるために勉強して試験を行う必要があります。


高校生でも福祉関係の勉強を早くからしていれば18歳からでも取得する事は可能です。

また、学校に行く余裕や時間がないという方でもなれる方法がありますが、それは病院や老人ホームで約3年以上の実務経験がある事が条件になります。
そのほか、介護や福祉に興味を持った人や要介護者が家族の中にいるという人がそれらの試験を受けることも多くなっている。
そして介護をするに当たって注意してもらいたい事は表情やどのような思いをしているのかの気持ちを読むことです。

例えばトイレに行く際、いきなり脱がそうとすると嫌がる可能性があります。

自分で脱ごうと意思がある際にはその過程を見守る程度にし、ズボンを脱ぐ時に足をあまり高く上げられずに脱げないような事があったら、その時に初めてその手助けをするようにしてください。

要介護者といえども、自分のことは自分ですると言う気持ちはあるので何も声をかけずに勝手に手伝いをすることは禁物です。

http://www.yurokyo.or.jp/
http://www.seirei.or.jp/eden/urayasu/
http://www.jhf.go.jp/keiei/yushi/info_2.html

言語聴覚士の学校について知るならこのサイトです。

言語聴覚士の専門学校関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

介護付有料老人ホームを知るならこのサイトです。

人気のある福岡の高齢者住宅の詳細は専用ホームページで紹介しています。

医療系資格に関する情報に追加しています。